本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年02月18日

フェブラリーS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ダートGI向きとはいえない「追い込み一手」の脚質は心配だが、充実著しい5歳カフジテイク[10](父プリサイスエンド)から入りたい。
 
 里見オーナーが20数年も経ってようやくGIに手が届き、北島三郎オーナーが約半世紀も我慢してGI馬に恵まれたのが競馬人生。カフジテイクの加藤守さんが、53年のオーナー生活でまだGI馬に出会っていないなど、たいした死角ではないだろう。やっとチャンスのあるカフジテイクに巡り会えたのだから、それは素晴らしく嬉しいことである。
 
 とはいいながら、湯窪調教師が(騎手時代から通算)40数年もビッグレースとは縁がなく、好漢津村騎手もGIレースはまだ未勝利。種牡馬プリサイスエンドも、競走時も、種牡馬(米→日本)としてもGIレースには無縁であり、カフジテイクの脚質は、スタートが悪くほぼ最後方からの追い込み一手となると、取り巻く状況に「死角めじろ押し」は間違いない。
 
 だが、東京ダート1400〜1600mは4戦【3-0-1-0】であり、その4戦の上がりは不発なしに「34秒6、34秒4、34秒2、34秒5」であることを重視し、かつ、広がるフォーティナイナー系の種牡馬父プリサイスエンドは、「サウスヴィグラス、スウェプトオーヴァーボード、アドマイヤムーン…」などと同じエンドスウィープの直仔。多くの産駒とは別に、中に意外な大物が含まれるのが特徴の父系であることに注目すると、届かないなどとはいえない。
 
 カフジテイクの上がり34秒台の爆発力が決まるには、条件が2つある。ひとつは、重馬場の1分34秒台前半の決着とかの高速レースにならないこと。
 
 もうひとつは、ハイペースで流れ、縦長の展開にならないこと。ハイペースになってはカフジテイク自身が追走に苦労し、厳しい流れは総合力のマイル戦となり、切れ味の勝負ではなくなってしまう。
 
 だが、締まった高速ダートにはなりそうもない。また、今年のメンバーはハイペースにはなりそうもない組み合わせである。馬群が固まって展開するなら、先頭馬群から離される危険はなくなる。ここまで不発なしの34秒台の爆発力が決まる可能性が高くなる。
 
 人気上位の馬はみんな捨てがたい候補だが、同タイプ(脚質だけでなく、父トワイニングまで同じ父系)の、ノンコノユメは軽視したくない。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ