本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年01月28日

根岸S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 まだまだ衰えというほどの陰りはない芦毛の9歳馬タールタン[11](父タピット)の快走に期待したい。

 次はフェブラリーSという馬ではなく、東京ダート1600mは【0-0-1-0-3】にとどまる。しかし、同じ東京ダートでも1300m〜1400mなら【3-4-2-2-0】。すべて4着以内に好走している。昨年、モーニンの0秒1差の2着(1分22秒1)など、これまで東京ダート1400mには「1分21秒〜1分22秒台」の記録が計5回あり、そのうち3回までが8歳の昨年だった。もう得意の東京ダートには6年連続の出走になるが、4〜5歳時よりスピード能力が衰えたところはなく、むしろ以前よりしぶとくなっている。

 父タピットはもう3年連続北米リーディングサイアーに輝くなど、世界の頂点に立つ種牡馬らしく、ラニや、ベルモントSを制した同期のクリエイター(もう種牡馬として輸入され、表記はクリエイター?)のような長距離OK型もいれば、このタールタンような短距離型もいて、とにかくタフ。2012年のフェブラリーSを制したテスタマッタは8歳時に根岸Sに出走している。ラニの米3冠すべてに出走も、ケタ違いにタフなタピット産駒だからであった。

 東京ダートの1400mなら、楽に好位につけられるのが大きな強み。タールタンにとっては春の最大の目標がここ。仕上げに不安はない。再三乗り替わってきたが、東京ダート1400mで北村宏司騎手とは、【0-1-1-0】。インに突っ込んでも伸びる。

 この距離なら確実に伸びるカフジテイク(父プリサイスエンド)が最大の強敵。ほかにも有力候補が並ぶが、穴馬は上がり馬のカフジテイク(父キンサシャノキセキ)。デキの良さが光っている。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ