本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2016年10月08日

毎日王冠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 週中に、1番人気もありえたリアルスティール(今春のGIドバイターフ勝ち馬)の回避がきまり、秋のビッグレース直前の重要な前哨戦とするとやや物足りない組み合わせか。6歳以上のベテランが過半数を占め、秋の主役となって欲しい4〜5歳馬は少ない。10日の「京都大賞典」も、やや平凡な組み合わせ10頭立てになってしまった。

 これに追い討ちをかけるように、週末の雨はそうたいした雨量ではないと予測されていたが、肝心の府中地方、土曜午前中の空の色は尋常ではなく、開幕週なので雨が止めば回復は早いとしても、渋馬場が日曜まで残る危険がある。

 稍重くらいの芝と推測して、中心は牝馬ルージュバック[10]。良馬場にこしたことはないが、昨秋、マリアライトの4着したエリザベス女王杯当日の芝は京都にしては悪く、2200m2分15秒台のパワーの必要な馬場。それを外から0秒1差まで突っ込んでいるから、重下手というタイプではない。

 牡馬陣は総じてちょっと詰めが甘く、この秋の注目馬の1頭アンビシャスあたりは、仕上がりもう一歩の危険があるから、そこにも付けこみたい。

 別定の負坦重量54キロも、牡馬陣には57〜58キロの実績馬がいるので、切れ味勝負にしたい牝馬ルージュバックには、軽い負坦重量も有利だ。

 ルージュバックは、ここまで長い直線がウリの左回り(新潟、東京)の距離1800m以上では【3-1-0-0】。2着はミッキークイーンのオークス0秒1差であり、今回の1800mはベストに近い。

 人気のアンビシャス、ステファノス、ロゴタイプは押さえにし、ここで善戦しても本番は苦しいが、いま絶好調のマイネルミラノ、ディサイファを妙味あるベテランとして相手本線にしたい。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ