本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望 > セントライト記念


コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2016年09月17日

セントライト記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 皐月賞を快走のあと、日本ダービーはマカヒキ、サトノダイヤモンドの3着にとどまった。マカヒキ、サトノダイヤモンドの力量と素晴らしいレースを受け入れると同時に、春のディーマジェスティ[4]は爪や体質の弱さがあって、万全に近い状態とはいえない物足りなさがあった。3カ月ぶりで共同通信杯、また2カ月空いて皐月賞、そして日本ダービー。間を空けた慎重な3戦限定の春は、予定通りというより、良く大事な3戦にそれなりの状態で挑戦できたといった方がいいかもしれない。とくに皐月賞を激走後の日本ダービーは、熱発などもあり物足りないデキだった。あの小差3着は価値がある。
 
 ぶっつけで挑戦した皐月賞は、外からまくって伸び切り1分57秒9。エアレーションなど芝コンディションの整備が変わったここ3年ほど、古馬でも中山2000mに1分58秒台の記録はないから、事実上の皐月賞レコードに相当する大変な記録である。この世代、明らかにレベルが高い。優劣はのちのちまで判明しないだろうが、世代の最強馬は「皐月賞馬であることが多い」。そんなパターンが、ディーマジェスティには当てはまる可能性さえある。
 
 夏の調整で悩まされた爪の弱さが完全に解消したわけではないが、春に比べればはるかに順調。身体つきも整ってきた印象がある。その身体つきは母の父ブライアンズタイム寄りなので、スリムでシャープなディープインパクトとはだいぶ異なるが、パワーもスタミナもある。今年の凱旋門賞はマカヒキにまかせたが、来年は凱旋門賞挑戦が実現するくらいの充実を示したい。ファミリーは、トレヴ、トリプティク、トリリオン、1番人気になったジェネラスなどが代表馬に並ぶ凱旋門賞一族である。ニノ宮調教師、蛯名騎手とのコンビでこのセントライト記念を制し、やがて凱旋門賞挑戦を実現させた09年のナカヤマフェスタに続きたい。
 
 共同通信杯の内容が光るメートルダール、力強さが出てきたプロディガルサンが相手本線。穴馬はステイゴールドのステイパーシストか。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ