本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2016年07月09日

七夕賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 種牡馬クロフネ(父フレンチデピュティ)は、中京の「プロキオンS」に今回が初ダートとなるクラリティスカイ(昨15年のNHKマイルC勝ち馬)を挑戦させ、福島の「七夕賞」には芝は1戦8着で、ダート【5-6-2-11】のオリオンザジャパン[12]を出走させる。

 競走時のクロフネは、初ダートだった01年の武蔵野S1600mを「1分33秒3」の驚異のレコードで9馬身差の独走だった。馬場改修前だが、少々コーナーが変わった程度であり、現在のレコードなど問題外。クラリティスカイの58キロの初ダートは大きな死角だが、オッズしだいでは買う価値がある。

 魅力は、七夕賞のオリオンザジャパン。2走前の芝は半分予定外の出走だったとされる。それも当然、オープンへの格上がり初戦が初芝では、ダートも芝もこなす産駒が多いクロフネ産駒にしてもあまりにも厳しい東京の芝1800mだった。

 出負けしたこともあり、気楽に追走した印象があるが、直線だけ外に回ると上がり33秒3。高速のレース上がり(34秒5)を大きく上回り、8着とはいえ1分46秒3。勝ったロジチャリス(つづくエプソムC4着)と、0秒5差だった。

 小回りローカルの福島は、14年当時はダート1700mだった「彦星賞」を大外一気に追い込み、1分45秒8で快勝しているから適性は高い。芝の2000mなら楽に追走できるだろうし、芦毛のクロフネ産駒で、母の父サンデーサイレンス。その前はトニービン、さらにノーザンテースト。サクラバクシンオーのファミリーというより、この馬の場合は、3代母サクラハゴロモは、有馬記念や天皇賞.春のアンバーシャダイの全妹ととらえたい。ダート2100mで快勝しているから、2000mは適距離だろう。

 クロフネは、最近はどちらかというとダート巧者の父としてのイメージが濃いが、競走時は、京都と阪神の芝2000mを2歳コースレコードで圧勝し、3歳になると当時は2000mだった毎日杯を1分58秒6で独走。NHKマイルCは1分33秒0での差し切り勝ちだった。圧倒的なスピード能力は芝でも存分に発揮された万能型だった。

 オリオンザジャパンは今回も53キロの軽ハンデ。果敢な挑戦者らしく、内田博幸騎手なら一気のスパートに出てくれるはずだ。

 昨年より全体レベ高くない可能性がある。けっして体調は悪くなく復調気配のステラウインド(昨年2着)を本線に、手を広げて参加したい。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ