本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年11月02日

ファンタジーS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼京都11R ファンタジーS

来期の牝馬クラシックにつながるレースが増えたため、近年の好走馬はあまり目立っていないが、昨年の3着馬は今秋の秋華賞を制したディアドラ。その翌週の菊花賞を勝ったキセキの祖母はロンドンブリッジ(桜花賞2着馬)。同馬は1997年の勝ち馬であり、2004年のオークス馬ダイワエルシエーロの母でもある。

1999年の勝ち馬プリモディーネ、2004年のラインクラフトは翌年の桜花賞馬となった。2003年の勝ち馬スイープトウショウは、のちに秋華賞、エリザベス女王杯、宝塚記念まで勝っている。いまはまだ無名でも、今年の出走馬の中にもそういう牝馬が隠れているかもしれない。

スズカフェラリー(父スズカフェニックス)を買いたい。同距離の前走「りんどう賞」は、1分21秒8(上がり34秒0)の3着にとどまったが、初コースで出負け。直線に向いて少しスムーズさを欠くところがあり、そのためインを狙ったが、寄られて狭くなってしまった。勝負どころからG前まで詰まりつつ0秒1差の1分21秒8なら、評価は下がらない。小柄な牝馬のわりに大跳びで、見た目以上に不利(ロス)は大きかった。

父スズカフェニックス(その父サンデーサイレンス)は、1200mの高松宮記念の勝ち馬。マイル以下がベストのスピード型だったが、1400mの阪神Cも、1600mの東京新聞杯も制している。4勝した母スズカフォイル(父フレンチデピュティ)もマイラータイプであり、おそらくスズカフェラリーは1400〜1600mがベストのスピード系の差し馬。現時点では外回りの京都1400mこそ持ち味発揮に最適のコース、距離と思える。

A.シュタルケ騎手に乗り代わったこと自体はとくにプラスもマイナスもないだろうが、短期免許の騎手が加わり、先週あたりから各場で勝つのはカタカナ表記の騎手ばかり。先週は人気薄の馬だけで10戦0勝だったシュタルケ騎手(春シーズンには約2ヵ月で9勝)は、ここは重賞でチャンス十分の馬に騎乗だから、気合の入り方がちがうはずである。

前回の1200mの小倉2歳Sは、競りながら前半「33秒3」だったモズスーパーフレアは、この距離の方が楽なペースで行けるだろう。同馬と、中京のマイルを勝って2戦2勝のアマルフィコーストが相手本線。穴馬は切れ味のスノーガーデンと、同じくアーデルワイゼか。


▼大井8R JBCスプリント

大井の「JBCスプリント」は、9歳馬ながらまだまだ衰えなし。全8勝中の7勝を記録するダートに出走するスノードラゴンを買いたい。スローのスプリンターズをわずか0秒I差で、自己最高とそう差のないI分07秒7だった。ここは、間違いなくハイペースだろう。


@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ