本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年10月13日

府中牝馬S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
距離が1800mになった1996年以降、21年間連続して「4歳馬か、5歳馬」が勝っている。今年はその4歳馬と5歳馬だけの対戦で、先週の京都大賞典を勝った7歳スマートレイアー(この府中牝馬Sは過去、2着、2着、3着)のようなタフな牝馬はいない。

この21年間、4歳馬が「14勝、2着9回」。対する5歳馬は「7勝、2着10回」なので、しいていえば、いま完成期を迎えている4歳馬がやや有利か。

4歳馬で、東京コースのGI「ヴィクトリアマイル」を勝っているアドマイヤリード(父ステイゴールド)が中心。人気のクイーンS(札幌)は後方差詰めの6着にとどまったが、ひと息入れたあとの、初コース。小回りのローカル戦はまったく経験がなかったせいか、3歳アエロリットの快走を前にして手も足も出ず、最初から後方追走の情けない結果に終わった。小柄な馬体だが、京都や東京で快走している馬なので、のびのび走れる広いコース向き。小回りコースはまったく合わなかった。

今度は狙いの東京戦。格下馬をずっと前に置き、最後に外に回って抜け出した最終追い切りの動きは、今春のヴィクトリアマイル当時と同様に鋭かった。ヨーロッパタイプの牝系に、ステイゴールド。ヤヤ重発表くらいの少し時計のかかる馬場は合っている。

先週までにJRAで141勝を挙げてランキングトップの戸崎騎手は今年、GIIIこそ勝っているが、GIはおろかGIIも未勝利という不思議な成績になっているが(同じ公営出身の内田騎手も、岩田騎手もみいられたようにGII、GIは未勝利)、さすがにこの秋はそんな成績にはとどまらないだろう。内田騎手とともに日曜も東京で秋華賞には騎乗馬がまわってこなかった。

すでに141勝もしているからスランプでもなんでもないが、ビッグレースの勝ち星がないのは戸崎騎手にとって、内田騎手、岩田騎手とともに、トップジョッキーを自負する立場とするとあまりに物足りない成績である。この秋は、GIもGII勝ち星を積み重ねたい。その手始めにアドマイヤリードのGII府中牝馬S制覇となることを期待する。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ