本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年09月29日

シリウスS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 前走のBSN賞を勝ったトップディーヴォ(父キングカメハメハ)は、ダートのオープンクラスで通算【1-1-0-4】。BSN賞で人気のマスクゾロ(今回も人気の中心)を倒したからハンデ56キロとなったが、そのマスクゾロを筆頭に57.5キロを背負う馬が3頭もいるここではランキングはまだ下。

 ただ、ブリンカーを装着してから、1600万下の京都ダート1800mを1分48秒8で勝ち、BSN賞ではマスクゾロに勝って4戦2勝。もまれると苦しいが、時計の出るコンディションでうまく流れに乗って好位追走になると、典型的なUSA型のダート血統らしく簡単にバテなくなった。幸い、1コーナーまでの距離がある阪神ダート2000mで外枠。飛ばす逃げ馬は見当たらず、すんなり流れに乗れそうである。

 前回の横山典弘騎手はテン乗りだったが、この中間、スプリンターズSに出走するシュウジの調教をつけるために2週連続して栗東に遠征し、このトップディーヴォにも2週連続またがっている。先週の21日、同じ古馬オープンのヒルノデイバローと併せ6F78秒3-63秒7-13秒4でびっしり追い切った際も横山騎手だった。まだまだこれからパワーアップする可能性がある。ダート1900mに【0-2-0-1】があるから距離延長は大丈夫。

 牝系ファミリーは、3代母シャレット(父チーフズクラウン)の半兄にセントジョヴァイト(父プレザントコロニー)がいる。セントジョヴァイトは、1992年の愛ダービーで、英ダービー馬ドクターデヴィアスを12馬身も引きちぎり、2分25秒60という驚異的なコースレコードで勝っている。そのあとのキングジョージも6馬身差の独走だった。これはリボー系だからということもあり、ファミリーの優秀性とは結びつかないが、その半兄で1988年のジャパンCに来たUSAのセーラムドライブも、当時の富士Sを楽勝している。

 前回、ハンデ2キロ差のマスクゾロに勝ち、今回も1.5キロ軽い56キロ。人気は大きく異なるが、枠順と展開、鞍上を考えれば、買う価値ありだろう。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ