本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年08月18日

TVQ杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 新潟の「日本海S」は例によって少頭数で馬券の魅力はきわめて乏しいので、パス。

 小倉の「TVQ杯」は、逆にほとんど各馬に差がないハンデ戦。除外馬が6頭もいたフルゲート16頭立て。人気が集中する組み合わせではなく、どこから入っても好配当になるだろう。今季の2着、2着を中心に、この1000万条件のダート戦に【0-3-4-5】の成績を残す5歳牝馬ビスカリア(父ヴァーミリアン)から入り、伏兵に流したい。

 ふつうはこういう詰めの甘いタイプで人気になるのは、お客さんになるケースが多いが、タフなヴァーミリアン(父エルコンドルパサー。8歳までダートのエース格で、フェブラリーSなどG1格9勝を中心に34戦15勝)の産駒らしく、まず崩れなくなった。

 3歳時は420〜430キロ台だった馬体が、5歳の今期は470キロ台にたくましくなり、これでクラス突破がかなえば、父と同じように交流レースに挑戦できそうなところまで成長してきたから、この1000万下で入着を目ざしているほど志が低いわけではない。

 この夏は55キロで「2、2着」と絶好調なところに、牡馬の安定株が出走してきたから、この馬とすれば明らかに有利な「54キロ」で出走が可能になった。クラス脱出の絶好のチャンスだろう。追い比べになっても、ここ4戦中3戦はメンバー中NO.1の上がりを示しているから見劣ることはない。

 もまれない外を引いたMデムーロのシーリーヴェール(父マンハッタンカフェ)と、人気はないが、ただ1頭1600万から移動してきた4歳ヴェゼール(父パイロ)が相手本線。大穴はひさしぶりに動きが良くなったサンライズワールドの台頭。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ