本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望 > 桶狭間ステークス


コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年07月21日

桶狭間ステークス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 4歳から9歳のベテランまで多彩な経歴を持つ馬がそろったが、3歳以上の古馬扱いになってから1600万条件を勝ち、オープンに在籍した実績をもつ馬の見当たらない組み合わせになった。

 そんな中で、4歳ウインムート(父ロージズインメイ)だけは今年2月に1600万特別を勝ち、しばらくオープンクラスだった。

 だが、そんな理由では狙いが立たない。4歳馬ウインムートは、現10歳で今年も出走し、ダートの交流レースを中心に好走しているドリームバレンチノ(通算12勝)の全弟である。

 ダート戦出走は今回が初めてになるが、全兄ドリームバレンチノも6歳秋まで芝専門で9勝したバリバリのオープン馬。芝通算【9-4-4-13】。函館スプリントS、シルクロードSを勝ち、スプリンターズS3着、高松宮記念ではロードカナロア(現在、新種牡馬として人気沸騰中)の小差2着まであった。

 それが6歳秋になって、突然、ダートに方向転換すると、いきなりG1格のJBCスプリントを2着、G3格の兵庫ゴールドT1着。7歳時にはG1格のJBCスプリントを勝つなど、ダート通算【3-7-1-11】。現在でも侮りがたいダート界のトップホースである。血統背景通りのダート巧者だった。

 ウインムートは、ここまで芝【4-2-0-11】。兄には及ばないが、芝の1600万を勝った記録をもつ元オープン馬である。ダートの実戦は未経験だが、札幌遠征時は調教コースがダートだけ。追い切りでは好タイムで動いている。

 たまたまではあるが、ダートで追い切った札幌の3戦は、芝の実戦【3-0-0-0】であり、気分よく全勝である。今回はダート戦に出走なので1週前に栗東のダートに入れ、ゲートから調教駆けタイプらしい軽快な動きをみせた。

 幸い、1400mにしては快速の先行型は見当たらない組み合わせ。さらに、中京のダート1400mはここまでの17戦と同じ芝からのスタートである。

 もちろん初ダートだから凡走の危険はあるが、松岡騎手は展開を読んで一気の先行策などお手のもの。昨年のこの時期は16勝。一昨年のこの時期も15勝。ちょっとさえていない期間があったが、今年はすでに25勝し、本来の元気いっぱいの松岡正海騎手に戻っている。単騎の逃げ切りもある。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ