本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望 > 安達太良ステークス


コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年07月14日

安達太良ステークス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 オープンから降格に相当する4歳馬は2頭だけ。上昇カーブに乗る馬が少ない組み合わせなので、エネスク、コスモカナディアンの評価は大きく下げられない。

 エネスクの父はフランス産のベーカバド(10歳、その父ケープクロス。母の父クリス)。ベーカバドは、C.ルメール騎手を主戦ジョッキーとして、ニエル賞1着、パリ大賞(このときはG.モッセ)1着、ワークフォースの勝った凱旋門賞4着、米BCターフ3着など【6-1-2-2】。

 芝コース専門だったが、ここまでの産駒は公営の地域重賞勝ち馬、交流重賞の2着、3着馬など、大半がダートでの活躍馬ばかり。芝では1000万下の勝ち馬を送るにとどまっている。

 まだ4歳世代が初年度産駒なので軽々しいことはいえないが、欧州血脈の濃い種牡馬だけに芝の上級クラスではスピードもう一歩なのだろう。ダート巧者というわけではないように思える。

 エネスクは、しかし、母方が日本を代表するダート巧者の一族。祖母は女傑ロジータ(父ミルジョージ)。カネツフルーヴ、レギュラーメンバーの牝系である。

 エネスクはここまでダート専門に【4-2-1-9】。前回のブリリアントSはミツバの6着(1秒1差)にとどまったが、1000万→1600万を連勝して格上がりの初のオープン特別。距離2100mも初めてだった。

 前半1000m通過60秒7-(6秒7)-後半62秒9の速めの厳しい流れを好位での追走になったところに、後続の差し馬が4コーナーを回って一気に殺到したから、飲み込まれての1秒1差は初の古馬オープンとすれば善戦好走に近い。4着ラニとは0秒2差だった。

 今度はクラスが下がって、得意の右回り。全連対6回が1600-1800mなので距離もベストに近い。自在の先行力が生きる。好調クインズサターン、復調気配のクロフネビームス、降格のコスモカナディアン、福島向きのクラシックメタルの4頭が相手の本線。キングストーン、トゥルーウインドも少し買いたい。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ