本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望 > 阿武隈ステークス


コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年07月07日

阿武隈ステークス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 最初から登録馬が少なかったうえ、直前に人気の1頭カレンリスベットが出走を回避。わずか9頭立てになってしまった。

 馬券の妙味はない組み合わせは仕方がない。人気の中心でも主軸は4歳牝馬のワンブレスアウェイ(父ステイゴールド)。

 オープンから降格になるこの牝馬、福島→新潟シリーズには1600万条件の距離「1800m」はこのひと鞍しか組まれていないから、ここに的を絞って仕上げられてきた。頭数が揃わないだろうことは陣営の読み通りだったが、ここまでメンバーに恵まれての少頭数9頭立ては、陣営にとっても望外だろう。

 オープンからの降級は、1頭だけ。他の8頭は、1600万下での最近3戦に限ると連対した記録があるのは8歳オコレマルーナだけ。サトノスティングは3走前に勝っているが、それは1000万特別である。

 ハンデは55.5キロの背負い頭となったが、快勝した前回の1600万特別からわずか0.5キロ増であり不利はない。

 昨年の春5月以降、【3-4-0-0】と7戦連続して連対中だが、それはすべて目下絶好調=戸崎圭太騎手(ここ2週の計12勝でリーディングトップに浮上)とのコンビである。

 母ストレイキャット(父ストームキャット)の1歳下の半弟は、2004年の年度代表馬ゼンノロブロイ(父サンデーサイレンス)。ゼンノロブロイは4歳秋に「天皇賞・秋→ジャパンC→有馬記念」を3連勝の快挙を達成したことで知られるが、ワンブレスアウェイも7戦連続の連対を続けて、いよいよ本物になって当然の4歳後半である。すぐオープンに返り咲き、さらに高い展望をかかげていい時期になったともいえる。

 上昇の余地のあるサトノスティング本線に、サンライズタイセイ、ザトゥルーエアー、ペンタトニック、…以下の順だが、3連単で少々か。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ