本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望 > テレビユー福島賞


コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年06月30日

テレビユー福島賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年から初日のメインになったこのレースは、

・2013年 「33秒1-35秒4」=1分08秒5
・2014年 「33秒0-34秒8」=1分07秒8
・2015年 「33秒9-33秒6」=1分07秒5
・2016年 「34秒3-33秒9」=1分08秒2

 最初の2年は明らかな前傾のハイペースで、勝ったのは後方からの「差し馬」。

 ところがここ2年は逆に距離1200mにしては緩いペースになり、2年連続して、「行ったきり」の決着。ほぼ平坦に近いコースの第一週のスピード勝負なので、勝ちタイムはそう大きく変わらず、「逃げ=先行馬」が4年連続して連対しているものの、レース全体の流れのバランスにより、真逆の脚質の勝ち馬が生まれている。

 力のある逃げ=先行型が主軸であるのは間違いないが、先行型有利か、差しタイプも届く厳しい流れになるのか、ペースの推測が大きなポイントになる。前半3ハロンを「33秒前後」で行けるダッシュ力のある、ラクアミ、ラズールリッキーが内枠を引いた。競る危険はあっても、もまれたくない「牝馬」である。これに外枠の馬(向こう正面の長いコース形態から、外枠不利ではない)が接近して追走すると、ここ2年とはちがって、差し馬が突っ込んだ13年、14年のようなハイペースの公算大だろう。

 人気の中心になる4歳牝馬ワンスインナムーン(父アドマイヤムーン)は、オープンからのクラス移動馬であり、G1高松宮記念は相手が強すぎたが、このクラスなら好位追走から抜け出しが可能。もう1頭、同じオープンからの降格馬ウインムート(父ロージズインメイ)も先行策からの抜け出しを図ると思えるから、主軸はワンスインナムーンか、少しひねってウインムート。

 この2頭のどちらかを軸に、突っ込んできそうな牝馬アドマイヤナイト(父アドマイヤムーン。持ち時計はNO.1タイの1分07秒3がある)、同じく差す脚のあるアレスバローズ(父ディープインパクト)をうまく絡めた馬券が本線。Hペースでも残れば、これもやっぱりオープンからのクラス移動馬ラズールリッキーとしたい。穴馬は、ハイペースを味方に外から突っ込んできそうなニシノラッシュ(父サクラバクシンオー)。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ