本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望 > アハルテケステークス


コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年06月09日

アハルテケステークス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 57キロ以上のハンデを課せられた実力馬が2頭いるが、57.5キロのカゼノコは、ダート、芝を合わせ1600mは5戦未勝利。58キロのブライトラインも芝、ダートを合わせ1600mは【1-1-1-8】。ちょっと主軸にはできない。

 3歳後半から4歳時にかけ、再三馬体調整の休養があってしばらくスランプだった5歳ゴールデンバローズ(父タピット)が復活してきた。3歳時はドバイ遠征、ダート重賞で連続4着などオープンランクだったが、スランプ中に1000万下に降格。しかし、今春、鼻出血を発症しながら1000万下を完勝し、休み明けで格上がりだった前回の1600万下の立夏Sを圧勝している。

 そこから連続して出走できるから、もう体調面の不安もなくなり、完全復活は近いだろう。重いハンデの2頭と異なり、こちらはダート、芝を合わせ1600m【5-2-0-3】。今回の距離はベストに近い。ハンデは55キロにとどまった。

 美浦南W「55秒2-40秒2-12秒4」で2歳新馬レピアーウィット(東京5Rに出走)に見劣る追い切り平凡はいつものことで、完勝した前走時も、前々走時も似たような時計でだから心配ない。タピット(父プルピット)産駒なら、典型的なアメリカ血筋とはいえ、早熟型はありえない。シアトルスルー、ミスタープロスペクターのともに(4×5)のクロスがもたらしたスピード能力に、ファミリーは日本で知られる著名馬ではトライマイベスト、エルグランセニョールなどが並ぶ一族と同じ牝系である。

 ポンポンと勝ってオープンに戻った今期以降、再躍進が可能だろう。再三上がり35秒台の切れ味を発揮しているスピード系のダート巧者に、一応格上がりなので前走比2キロ減のハンデの与えるプラスは大きい。

 目下絶好調アルタイルと、2走前に59をこなしているブライトラインが相手本線。チャーリーブレイヴ、ラテンロック以下は押さえにとどめたい。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ