本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年01月20日

カーバンクルS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 次週にオープン特別シルクロードS、京都芝1200mを控えたオープン特別とあって、全体レベルはあまり高くない組み合わせ。さらには、12頭立てで10頭までが6歳以上馬(うち4頭は7歳以上馬)でもある。

 立て直してきたオメガヴェンデッタ(父ゼンノロブロイ)が狙える。年が明けて6歳馬となったが、再三の休養をはさみながら大事に使われているから、まだ通算20戦【5−1−4−10】。疲れがでた前回こそ凡走でも、陰りはまったくない。

 ゼンノロブロイ産駒で、母はスワンSなど10勝もしたビハインドザマスク(父ホワイトマズル)。母はホワイトマズルの父ダンシングブレーヴの爆発力、ときに一本調子の先行力を受けて短距離で大活躍したが、本質的に快速系ではない。

 ゼンノロブロイも本人は万能型だったが、産駒は中途半端なタイプが多く、期待ほどは成功していない。オメガヴェンデッタにはミスタープロスペクターの「S4×M3」のクロスが生じたのでスピードレース向きだが、1200mなら持ち時計通り「1分08秒台」で決着するようなレースを歓迎するタイプで、まさに現在のちょっとタフな中山の芝コース向きである。

 つい1年前はミッキーアイル、サトノアラジンなどと接戦を展開していたようにランキングをつけるなら文句なしに一枚上だろう。立て直して軽快に動いている。ポン駆けは得意。新馬を含めこれまで2ヶ月半以上の休み明けは計6回あるが、昨春のGII京王杯スプリングCで「0秒4」差の6着にとどまったのがもっとも良くない成績で、ほかは「0秒1〜0秒3」差以内に好走している。

 怖いのは上昇中の4歳ナックビーナス(父ダイワメジャー)くらいで、2〜3走前の1200m1分08秒台前半で乗り切っていた内容で勝ち負けに持ち込めるはずである。速い馬がいないから、意外と楽に好位追走となりそうでもある。

 ナックビーナスと、中山ではまず崩れないローズミラクル(父フジキセキ)が大本線。クリスマス、コスモドーム、サドンストームを3着候補に決め打っての馬券にしたい。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ