本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年01月13日

愛知杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 軽ハンデ馬が快走して波乱をもたらす重賞は珍しくないが、このレースはコース改修後の中京に戻って過去4年、馬券に関係した12頭のうち、過半数の7頭が「7番人気以下」の伏兵によって占められている。

 また、馬券に関係した計12頭のうち、半数の「6頭」がハンデ53キロ以下の軽量馬であり、その6頭は「7、10、12、14、5、4」番人気だった。

 まして今年は、54キロ以上のそれなりの実績を持つ馬はわずかに「3頭」だけ。残りの「12頭」はハンデ49〜53キロが妥当とされた伏兵ばかりである。

 「逃げ=先行」の行った切りの年もあれば、一転「差し=追い込み」馬同士の組み合わせもある。まして今年は雪予報の天候まで怪しい。喜んで参加するが、凡走など覚悟、台頭すれば好配当必至の人気薄の穴馬を探すしかない。このレースで実力上位などのアプローチはまずありえないので、51キロのアンジェリック(父シンボリクリスエス)を狙う。

 祖母に小倉2歳Sなど1200m以下だけで3勝したマルカアイリス(父ブレイヴェストローマン)のいるこの一族、短距離向きのイメージがあるが、それは行きたがって折り合いを欠く馬が印象に残りすぎただけで、アンジェリックには単距離タイプの血など父方にも母方にも流れていない。そういう一族とあって、ここまでの全4勝は芝1400m〜1600mだが、2走前の1800mではスローを折り合って上がり33秒6。0秒2差の好走。騎乗していた横山典弘騎手の「もう折り合いは大丈夫。もともともっと長い距離の方が合うと思っていた」というレース後のコメントもある。

 前回は1800mを1分47秒9。0秒5差の7着だが、最初から馬群に詰まり通し。最後の直線も前が詰まり、ほとんどレースをしていない内容だった。あまり得手ではない中山コースでもあった。今度は得意の左回り(東京で4勝)。一瞬の切れというより速い脚が長つづきする差し馬(トニービンの肌にシンボリクリスエス)なので、中京コースは東京コース同様に合う可能性が高い。テン乗り横山和生騎手(23)の父からアドバイスを受けただろう距離不安なしのヒントを味方にした、思い切った騎乗に期待したい。単複から攻める。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ