本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の土曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2015年04月24日

福島牝馬S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京、京都、福島の3場開催で、今週は3場に重賞が組まれている。騎乗停止中のトップジョッキーが多くいるから、重賞レースの乗り代わりが多いだけでなく、直前の木曜日あたりまで「鞍上がいない」陣営も多かった。

 ローカルのこの重賞は乗り代わりが多く、必ずしも主戦騎手や、希望するジョッキーが確保できたわけではない馬もいるが、7歳牝馬パワースポットには主戦格の横山典弘騎手【4-0-2-10】が遠征する。

 福島牝馬Sの歴史はまだ11回。そのうち9回(82%)までを3月の「中山牝馬S」に出走していた馬が勝っている。また、連対馬22頭のうち、17頭(77%)が中山牝馬Sに出走していた馬によって占められている。

 今年は中山牝馬S出走馬が7頭もいるのでマトを絞りにくいが、「中山牝馬S→福島牝馬S」の形で連対した前出17頭のうち、13頭(76%)が中山牝馬Sを5着以内に好走していた目下の好調馬だった。パワースポットは、追い込み一手、最ベテランの7歳牝馬ではあるが、もっとも好走馬の多いパターンに入っている。この牝馬、長くとどまっていた1600万条件で打ち止めかと見えたが、6歳末にオープン入りしたあと、目下重賞レースで「0秒3、0秒1、0秒2」差。衰えどころか今がピークにも近い。

 追い込み一手の7歳牝馬だから、成績のわりに人気にはならない。だから、目下7戦連続して「人気を上回る着順」である。

 追い込みタイプが小回りコース不向きとは限らない。切れが生きるのは、むしろ小回りだからこその場合もある。先週の皐月賞前日の中山最終レース、4コーナー最後方から短い直線だけで10数頭をゴボウ抜きで2着したシンボリハミルトンは、横山典弘騎手。13年のラジオNIKKEI賞を後方から内ラチ沿いを一気にすりぬけたケイアイチョウサン(8番人気)も、それまであまり福島には行かなかった横山典弘騎手であり、3コーナーから外をぶん回って…という追い込みはめったにしない。もちろん、はまれば…だが、パワースポットの可能性は決して低くないと思える。父スズカマンボ(母の父キングマンボ)も、05年の天皇賞・春を後方からイン強襲を決めて勝った馬だった。

 母の父パラダイスクリークは、9歳時、10歳時に小倉大賞典を連勝して、11歳までに11勝もしたタフガイ=アサカディフィートの父である。アサカディフィートの11勝は、すべて1番人気ではない。パワースポットの全連対7回も、すべて1番人気ではない。まさかとは思うが、今回、1番人気になどならないことを願いたい。

 中山牝馬Sを0秒3差の4着(12番人気)したケイティバローズ(母の父キングマンボ)が相手の筆頭。4歳後半からそれまでのダート専門から芝中心に方向転換した珍しい馬だから、評価は低いが、芝3戦目(5走前)に1分32秒1(11番人気。0秒0差2着)の素晴らしい星がある。こちらも古川吉洋騎手だから、インから突っ込んでくるかもしれない。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ