本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 先週のレース解析 ヤスコの目 > 大阪杯


コラム

橋浜 保子
橋浜 保子

先週のレース解析 ヤスコの目

プロフィール・関連コンテンツ


2009年04月06日

大阪杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドリームジャーニー/大阪杯

ドリームジャーニー/大阪杯
  ハナを切りたいヴィクトリーはスタートがひと息だった。ホライゾネット(目の周囲を覆った網状のカップ)を装着した彼は、そこから追っつけて先頭に立ち、差を広げていく。

 アドマイヤフジ、マストビートゥルーが続く。それを見る形で内にマツリダゴッホ、外に59kgを背負ったディープスカイが控えた。ドリームジャーニーは集団の後方に、カワカミプリンセスは最後方から3番手を追走した。

 直線を向いてからヴィクトリーが馬群に飲み込まれると、代わって抜け出したのはアドフヤフジだった。内を行くマツリダゴッホは、この時点で既に勢いがなくなっていた。

 いつでも進出を開始できる状態だったディープスカイが、加速力の違いを見せつけスパートをかける。さらにその上を行く回転力の速さで、ドリームジャーニーが差し切った。

 勝ったドリームジャーニーは、2歳時に朝日杯FSを制した後も、毎年重賞を勝ち続け、今回で5つめの重賞タイトルを手にした。

 420〜430kg台の小柄な馬だが、馬体が細化することもなく、パドックでの気配も上々。今回も良い状態をキープしていた。

 2着ディープスカイは馬体重が8kg減っていたが、体はふっくらしていた。休養明けとしてはベストの造りで、実の入りもまずまず。

 欲を言えば、昨秋以降は腰に疲れが見受け
られるが、陣営が無理をせずレース選択をしているので、今後も引き続き活躍が見込める。

 3着カワカミプリンセスは少しずつ冬毛が抜けているところ。今回は馬体重マイナス8kgも、細くなった様子は見受けられなかった。

 7着マツリダゴッホは、中間に仙痛(腹痛)があり追い切り日が延びた影響があったか、仕上がりの面では見劣りが否めなかった。

 11着ヴィクトリーは春になると体調が上向いてくるタイプで、仕上がりは良かった。スタートで少し後手を踏んだのも堪えたが、今回は終始力んで走っていた。もう少し肩の力を抜いて走れるようになった方がいいだろう。

 2008年の大阪杯

【お知らせ】次週から当コラムがリニューアルされ、掲載日が毎週火曜日に変更となります。

前の記事へ 次の記事へ


@niftyオススメコンテンツ

電子競馬新聞JRDB

電子競馬新聞JRDB

関西の競馬界の馬見の達人赤木一騎・橋浜保子。彼らのノウハウがつまった「JRDB」を使えば勝ち組への近道が開ける!前日段階の情報のみならず、返し馬などの直前情報は必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ