本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 調教師(センセー)教えてっ! > 「クラシック候補生が4歳秋でようやく軌道に乗りました。」


コラム

花岡 貴子
花岡 貴子

調教師(センセー)教えてっ!

プロフィール・関連コンテンツ


2010年11月03日

「クラシック候補生が4歳秋でようやく軌道に乗りました。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 今週はアルゼンチン共和国杯にトーセンジョーダンを出走させる池江泰寿調教師にお話を伺います。

 前走のアイルランドトロフィーは力強い内容での勝利でした。
「正直なところ、メンバーも強かったので『どこまでやれるかな?』と思っていました。ちょっとズブい面もあるし、東京の2000mはトリッキーなコースでもありますからね。不安はありました。
 でも、内田騎手がジョーダンの持ち味をうまく生かしてくれたおかげで勝つことができました。直線で先頭に立ったあと、2着3着の馬が追いついてきたあたりでは飲み込まれそうな勢いでしたが、そうなったときにギアがもう1段階上にチェンジアップしてくれた。こういう脚も使えるんだな、と思いましたよ。」

 トーセンジョーダンは過去に2回、裂蹄で長期休養を余儀なくされたが、いまはその不安もないようです。
「この夏以降は牧場の獣医さんたちがキッチリなおしてくれたおかげで使いこめるようになったんです。」

 この中間の調整について教えてください。
「先週は単走、坂路で軽めの調整をしました。今週は予定どおり、併せ馬でビッシリやれたのでよかったです。」

 追い切りはみやこSに出走予定のフサイチピージェイとの併せ馬。終い重点の内容で、フサイチを前に見据える格好でスタートしましたが、ゴール前では3馬身先着していました。
「状態は本当にいいです。前走以上のデキにはなってきています。前走はマイナス10キロでしたが、輸送の影響だから問題ありません。あと、その前が函館競馬場で滞在競馬だったことも数字にあらわれているのでしょう。」

 アルゼンチン共和国杯出走に向けての豊富などをおきかせください。
「距離が長いほうがいいと判断して、このレースを選びました。折り合いはしっかりつくタイプですし、長くいい脚を使えます。なおかつ、前走のようにゴール前でもうひとつギアをアップさせることができますからね。重賞なのでメンバーはさらにいちランク上がりますが、じゅうぶん勝負になると思っているし、それだけの好状態です。
 2歳のときは3連勝してクラシック候補と呼ばれたけれど、残念ながらクラシックに出走ができなかった。ようやくここにきて軌道に乗ってきたので、なんとかいい結果を出してGI戦線に乗って欲しいですね。」



各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ