本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 調教師(センセー)教えてっ! > 「とにかく勝ちたいのでここを選びました」


コラム

花岡 貴子
花岡 貴子

調教師(センセー)教えてっ!

プロフィール・関連コンテンツ


2010年10月06日

「とにかく勝ちたいのでここを選びました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シルポート

シルポート
 今週は毎日王冠にシルポートを出走させる西園正都調教師にお話を伺いました。

 まず、このレースを選んだ理由を教えてください。
「1800mというレースの距離実績ですね。前走のオールカマーは距離が長かった。2200mという距離のわりには速いラップで逃げる、という展開も勝利には結びつきにくかったです。その点、1800mなら8戦して7連対、そのうち3勝2着4回ですからね。シルポートの1800mへの距離適正はひじょうに高いとみています。東京コースとの相性もいいですしね。富士ステークスとどちらにしようか、迷いましたがとにかく勝って賞金を積みたい。その気持ちでこちらを選びました。」

 今朝の追い切りはいつもどおり坂路で行なわれました。時計は52.5-38.0-12.6。馬なりですが、終いはしっかりと伸びています。
「前走から中1周なので、スタートはゆっくり入って終いを伸ばすように指示しました。思い描いていたとおりの調教ができましたよ。結果的にオールカマーを叩いたのがいいガス抜きになったようです。動きがひじょうに軽くなりました。上積みはじゅうぶん見込めると思います。」

 毎日王冠への課題、意気込みを教えてください。
「ジョッキーは酒井学騎手でいきます。次走、できれば天皇賞に出走させたいのでそれにふさわしい結果を出したいと思っています。今回も前走と同じようにハナを切る展開になると思います。それがシルポートが一番強い競馬ができるのでね。自分の形の競馬にするだけですね。これまで戦ってきた相手もショウワモダンやセイウンワンダーとこの秋のGI戦線で勝負になる馬と互角に戦ってきていますので、ここでも勝負になると思います。」

 なお、オパールSに出走するエイシンタイガーについてもお話を伺っています。
「今朝の追い切りでは、イコピコ(来週の東京・アイルランドトロフィーに出走予定)を前に置いてしまいをしっかり伸ばすように指示を出しました。思うような調教ができてよかったです。春は幼さがありましたが、夏を越して精神的に成長したようです。以前はソラを使うところがありましたが、今日はしっかりとハミをとって走っていましたよ。」

 京都の1200mが合うのでオパールSへの出走を決めたとのこと。今後のローテーションは京洛S→京阪杯の予定です。
「どのレースが目標ということではなく、ひとつひとつのレースを勝っていきたいでですね。」


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ