本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 調教師(センセー)教えてっ! > 「香港での借りは返せると思います。」


コラム

花岡 貴子
花岡 貴子

調教師(センセー)教えてっ!

プロフィール・関連コンテンツ


2010年09月29日

「香港での借りは返せると思います。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昆貢調教師

昆貢調教師
 今週はスプリンターズSにローレルゲレイロを出走させる昆貢調教師にお話を伺います。

 この春はドバイワールドカップで4着でした。このときのことを振り返っていただけますか?
「逃げていったんは交わされながらも、また差し返すような脚を見せてくれましたね。これまでのローレルゲレイロなら、ずるずると下がってしまったパターンでしたが、頑張ってくれました。」

 帰国して、休み明けのキーンランドCは8着でした。
「ドバイがいいきっかけになったのでしょう。キーンランドCでも揉まれましたが、最後まで諦めずに走っていました。精神的に成長したのでしょう。」

 追い切りでは51.0-37.1-24.4-12.4の好時計を叩き出しました。あいかわらず調教はよく走りますね。
「先週、先々週と一番時計を出していたので、今週は控えめにする指示を出しました。坂路で51秒台は確かに相当速い時計ですが、この馬にしたら控えめなんですよ。先週の時点で気合いも乗っています。去年は体が減っていたので苦労しながらの調整だったのですが、今年はそれがない。その分、去年よりいい状態で出せると思います。」

 今回はグリーンバーディーとの対決になります。
「グリーンバーディーとはすでに香港で2回対戦しています。あの馬はしぶとい走りをしていましたね。強かった。でも、今度は日本でやるので、香港での借りは返せると思います。」

 スプリンターズSに向けて意気込みをお願いします。
「日本で走るのはこれが最後になるかもしれませんね。難しいチャレンジだとは思いますが、ローレルゲレイロという馬はこれまでその難しいチャレンジをこなしています。すごく頭がいいし、内臓も我々が計り知れないほど強い。さらに精神面の強さが加わって、神懸かりなことをしてくれる馬だと思っています。応援よろしくお願いします。」


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ