本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 調教師(センセー)教えてっ! > 「ジャーニーは復活できる状態ですよ」


コラム

花岡 貴子
花岡 貴子

調教師(センセー)教えてっ!

プロフィール・関連コンテンツ


2010年09月22日

「ジャーニーは復活できる状態ですよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池江泰寿調教師

池江泰寿調教師
 今週はオールカマーにドリームジャーニーを出走させる池江泰寿調教師にお話を伺いました。

 まず、ドリームジャーニーの今の状態についてはいかがでしょうか?
「春の天皇賞を回避する原因だった右前脚の球節も今のところ安定しています。レベルでいうと、宝塚記念より仕上がっている状態ですね。」

 いまの時点でレースに向けての心配は?
「59キロという斤量はやはり課題ですね。まだ一度も勝ったことのない斤量なので、心配です。あとはお天気。関東地方は週後半が雨予報だそうなので…。やはりジャーニーはパンパンの良馬場でやりたいタイプ。少しでもいい馬場コンディションになって欲しい。」

 オールカマーに向けて意気込みをお願いします。
「春は結果を出せませんでしたが、今はじゅうぶん復活できる状態まで仕上がりました。次走は順調なら天皇賞(秋)→有馬記念と、去年と同じローテーションを組む予定です。応援よろしくお願いします。」

 続いて、ドリームジャーニーの全弟・オルフェーヴルについてもうかがいましょう。こちらも元気いっぱいですよ。
「普段はすごく大人しい馬なんですが、新馬戦は装鞍所で急にテンションが上がってしまいました。普通、新馬戦は初めて経験することばかりだから、もうすぐレースが始まる、ということはわからないもの。だから、イレ込むことはほとんどないんですが…。血統的なものかな?と思います。レースはきちんと折り合い、押し切って勝ちましたが、そういった"気の若さ"を成長させたいという気持ちがあります。」

 新馬勝ち後はグリーンウッドへ短期放牧に出て、9月19日に栗東トレセンへ帰厩。来週の中山・芙蓉ステークスに出走する予定です。
「偶然ですが、兄のドリームジャーニーと同じローテーションを踏むことになりました。まだやんちゃなところは残っていますが。今度はレースも二度目なので環境に慣れ、イレ込まないといいな、と思っています。スムーズな競馬をさせたいですね。」


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ