本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 調教師(センセー)教えてっ! > 「ブライトメッセージはひじょうに楽しみな1頭」


コラム

花岡 貴子
花岡 貴子

調教師(センセー)教えてっ!

プロフィール・関連コンテンツ


2010年08月25日

「ブライトメッセージはひじょうに楽しみな1頭」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 先週に続いて、友道調教師にお話をお伺いします。今週は牝馬2歳勢についてです。

 ディープインパクト産駒の牝馬ではアドマイヤエレノアがいます。母はトロピカルブロッサム(母の父・サンダーガルチ)です。
「420〜30キロと数字を見ると小さくかんじるけれど、実際に見るとバランスがよくて小ささを感じさせません。410キロくらいでデビューすることになるでしょう。気性はかなりキツいんですが、それでいて品があって賢いんですよね。その気性の激しさがいいほうに出ればかなり伸びると思います。」

 先週、札幌でデビュー(2着)したデルマジュンコへの期待も高まります。
「千葉のセリで買った馬で、気性がとにかく前向き。父のスニッツェルはオーストラリアではサクラバクシンオー的な存在です。気のいいタイプですし、今後も短距離路線を狙うことになるでしょう。」

 金子オーナーの所有馬ではイノセントムーンが9月に入厩予定です。
「父はタニノギムレット、母はガンアンドローズ(母の父はフジキセキ)。ひじょうに雰囲気のいい馬で走ってきそうな感触がありますね。性格はいたってまじめ。460〜70キロくらいでひじょうに順調に育成されています。距離は少し長いほうがいいですね。桜花賞というよりオークスを狙いたい1頭です。」

 サクラセレブレイトの2008(父・ロックオブジブラルタル)は秋以降に入厩予定。
「ちょっと気性的にうるさいところもありますが、動きはいいですよ。サクラセレブレイトの父はサンデーサイレンスですし、少しうるさいくらいのほうが走るかもしれないね。」
 サクラフューチャーの2008(父・サクラプレジデント)はサクラエルドールの全妹にあたります。
「こちらも秋に栗東へ入厩させる予定です。芝のマイルくらいがあっていそうですね。黒鹿毛ですが、青毛までいかないものの真っ黒な印象を与える馬です。」
 なお、サクラエンプレスの2008(父・キングカメハメハ)も入厩予定です。

 サンデーレーシングのブライトメッセージ(父・シンボリクリスエス、母・エヴリウィスパー)は秋に入厩予定。現在はノーザンファームで乗り込まれています。
「いま460キロです。鞍傷が出来て少し調教をセーブしていますが、これは時間が経てば治るので大丈夫でしょう。今は15-15程度を乗っています。おっとりしていて素直な気性ですね。血統的にも性格的にも芝2000から2400を意識させますよ。馬体のバランスもよく、ひじょうに楽しみな1頭ですよ。」


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ