本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 調教師(センセー)教えてっ! > 「見栄えのいいゲーリックストームが楽しみ」


コラム

花岡 貴子
花岡 貴子

調教師(センセー)教えてっ!

プロフィール・関連コンテンツ


2010年07月21日

「見栄えのいいゲーリックストームが楽しみ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 暑いですね!栗東ももれなく猛暑です。今週は暑さなんてヘッチャラ!と真っ赤なイメージカラーの小崎憲調教師に2歳馬についてお伺いしました。

 「全般的には秋からの始動を考えているよ」とはいえ、すでにデビューを控えて調整している馬もいるので、そのあたりからお話を伺いましょうか。

 まずはオウケンウッド(牡、父アドマイヤコジーン、母リーフィーウッド)。すでにゲート試験に合格しており、追い切りも消化しています。とくに今週は坂路で54.9-40.0-26.2-13.4と途中のラップで12秒8を出しているようにピッチを上げてきていますね。
「トレーニングセールの馬なのでデビューは早めになります。ただ、まだちょっと(追い切りはしたけれど)動けないかんじですね。スピードはあるけれど、まだ走り方がわかっていないかんじです。追ってからモタモタしていますね。次の小倉でのデビューを狙っています。」

 狙いは短距離路線。
「アストンマーチャンと配合が似ているし、短距離でこそいいタイプでしょうね。まだちょっと太い…とくに腹まわりに余裕があるのでダイエットしないとね。」

 ディープインパクト産駒もいます。
スマートアイリス(牝、父ディープインパクト、母チェリーラブ)は「半兄がマイネルレーニア。母系が出ているのか、500キロ近くあるよ。"飛ぶ"というかんじではなく、パワータイプです。芝の中距離あたりを狙っています。」

 牝馬のオウケンハート(牝、父ジャングルポケット、母ローレルプリンセス)については
「軽そうなイメージですよ。軽い芝で走らせたいですね」とのこと。こちらも秋を視野に調整しているそうです。

 かなり期待をこめて話していたのはゲーリックストーム(牡、父ハーツクライ、母ストームティグレス)。これは社台ファーム生産馬で、社台レースホースの持ち馬です。
「オオスミダイドウの弟。これはクラシックを狙いたいね。ハーツクライ産駒はひじょうに馬の見栄えがいいけれど、この馬もそうなんだ。秋以降に使えればいいな、と考えています。」
 馬体重は500キロですが、決して太い感じはしないそうですよ。

 ダート路線で狙えそうなのがスマートルシファー(牡、父ブライアンズタイム、母ベルヴィア)。
「もうゲート試験は合格済みで今は放牧に出しています。物覚えがよく、ひじょうに賢い。最近はブライアンズタイムの大物が出ていないので、この馬がそうなってくれればいいな、と考えているくらいの器ですよ。」


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ