本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > POGワールド > POG情報 ジェルミナル・セイウンアスラン・ニシノホウギョクほか


コラム

デイリースポーツ
デイリースポーツ

POGワールド

プロフィール・関連コンテンツ


2009年03月28日

POG情報 ジェルミナル・セイウンアスラン・ニシノホウギョクほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
〈桜花賞2週前追い切り〉

 チューリップ賞2着で桜花賞への切符を手にしたサクラミモザは美浦ポリトラックで5F69秒3―39秒2―12秒0。馬なりで軽快な動きを見せた。「あくまで来週の追い切りの準備なので、速くならないように注意しました」と畠山吉師。中間はいつも通り短期放牧へ。「牧場で10キロほど馬体を増やして戻してくれました。リフレッシュの効果は十分」との言葉通り、気配の良さが目立っている。

 ジェルミナルは坂路の併せ馬で3馬身先着。4F54秒6―39秒8―12秒9のタイムに「いい動き。反応も良かったよ」と福永の感触は上々。イナズマアマリリスとルージュバンブーも坂路を躍動。アマリリスは4F57秒5―14秒2。吉田助手は「馬体が戻ってきました」と良化をアピール。またルージュは4F53秒6―12秒8で鋭く伸びた。「走り出すと気合が乗るね」と佐藤正師の手応えはいい。


〈美浦〉

 今開催から未出走馬は既走馬に混じってデビュー戦を迎える。土曜中山3R(ダート千二百メートル)のセイウンアスランもその1頭。ソエのためここまでデビューが遅れたものの、直前は美浦坂路で3F35秒9―12秒1と抜群の動きを披露。「チークピーシーズを着用するようにまだ気性面に課題は残るけど、スタートセンスがいいし、いかにも短距離向きのタイプ」と手塚師。キャリアの浅さを十分にカバーできる素質を秘めている。


〈栗東〉

 若葉Sで8着に敗れたニシノホウギョクは次週阪神の平場戦(4月4日)で2勝目を狙う。「2戦目はいろいろと難しいね。二千四百メートルの距離は問題ないと思うし改めて期待したい」と河内師はVを意識。バンガロールは同日阪神のマーガレットSへ。「放牧に出した効果で馬体が良くなっている。調教の動きもいいから楽しみ」と、25日の1週前追い切りに騎乗した堀助手。軌道に乗った素質馬に注目だ。


※この記事は、3月27日付デイリースポーツに掲載されたものです。

前の記事へ 次の記事へ


@niftyオススメコンテンツ

競馬新聞 デイリー馬三郎

競馬新聞 デイリー馬三郎

最大全国3場・36レース分の馬柱を提供する馬三郎が、インターネットでさらにパワーアップ!オッズ、レース結果、パドック速報に加え、全レースの映像が当日視聴できる!週末の予想に役立つスグレモノです。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ