本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 美浦トレセン追い切り注目馬 > 9/25追い切り注目馬


コラム

久保木 正則
久保木 正則

美浦トレセン追い切り注目馬

プロフィール・関連コンテンツ


2014年09月25日

9/25追い切り注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
☆今週の特記事項
 水曜日朝は18℃。今週は雨の影響がなくウッド、坂路は先週より時計が出る状態。ただ、木曜日は雨が強まったり弱まったり。
 
●ニシノクラッチ(土曜日 新潟2R)
 まだ若干モタれる面は残っているが、相変わらず迫力のある動き。今週はWコース5F71秒0と控え気味だが、1週前に同67秒3を、そして先週の日曜日に同72秒7の追い切りを消化しているから内容とすれば十分。前走は終いスタミナ切れしたが、じっくり乗って地力強化を図った今回は粘り込む。
 
●ステラスターライト(土曜日 新潟5R)
 堀厩舎の牝馬はテンションの高い馬が多いのだが、この馬はどっしりした性格。ここまで坂路も併用して計9本の追い切りを消化し、最速は1週前のWコース5F68秒8だが、ディープ産駒らしいバネの良さでスピード感満点。牝馬でもひ弱い感じがなく、血統馬らしい上品な雰囲気。ここは通過点か。
 
●ヒメサクラ(土曜日 新潟9R)
 今週はPコースで500万下のアスキットキングを1秒5先行し5F67秒3−52秒3−38秒8−12秒7を余力十分に計時。この夏はコンスタントに使われているが、前走時よりしっかり追えたし、無理のないローテーションで疲れはなさそうだ。降級後は大崩れなく走っているが、この馬の器用さが生きる新潟なら今回も上位争い。
 
●ラフレーズカフェ(土曜日 新潟11R)
 近走は不振だが、もともと夏場は良くないタイプ。ただ、今年は涼しくなるのが早かったので、ラフレーズカフェには追い風か。調教タイム自体はこれまでと大差はないが、しぼんで見えた馬体がフックラしてきたのは復調の証。足さばきにも勢いが出てきたし、これからは軽視できない存在。


◆本コラムは、メルマガ「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」(木曜版)の中から「美浦トレセン追い切り注目馬」の一部抜粋になります。


◆日曜に出走予定の追い切り注目馬ついては、メルマガにてご覧ください。

◆メルマガは、木曜、金曜、土曜の週3回配信。
木曜は、レース回顧などのコラム「酔っぱらいの独り言」と「美浦トレセン追い切り注目馬」。
金曜、土曜は、翌日のレース予想となります。これまで専門紙「日刊競馬」でも数々のビッグ配当をもたらしてきた破壊力抜群の大胆な予想です。ぜひお楽しみください。

◆なお、追い切り注目馬として取り上げた馬を予想で本命にするとは限りません。

【新おとなの学び場 「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」】
http://otomana.nifty.com/authors/kuboki/


@niftyオススメコンテンツ

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者しか知りえない“デキ”のいい馬、あるいは危険な人気馬、記者仲間から聞いた“いる、いらない”などをメルマガでこっそりお教えします。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ