本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 辻三蔵の追い切り注目馬・危険な人気馬 > 根岸Sの追い切り注目馬です


コラム

辻 三蔵
辻 三蔵

辻三蔵の追い切り注目馬・危険な人気馬

プロフィール・関連コンテンツ


2017年01月27日

根岸Sの追い切り注目馬です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週の追い切りで注目馬、危険な人気馬

≪根岸S(G3) 東京・日曜11R ダ1400m≫

◎エイシンバッケン 【注目度数 5】

助 手 20170125 栗東坂路 不良 1 回 53.4 38.2 24.7 12.6 一杯に追う


○坂路中心に調教本数を6本 3週連続ビッシリでラスト1Fを12秒台○

 エイシンバッケンは隠れたコース巧者。東京ダ1400mの成績は[1−1−1−0]だが、5走前の欅S(2着)ではレッドファルクス(2016年スプリンターズS1着)とクビ差の接戦を演じた。4走前の夏至Sでもカフジテイク(2016年武蔵野S3着)相手に3着した実績がある。昨秋、ダ1200mで1600万、オープン特別を連勝したが、ベストはダ1400m戦だ。

 中4週になるが、坂路中心に調教本数を6本消化。馬体を緩めることなく、3週連続ビッシリ追った。今週25日の栗東坂路には2回目のハロー掛け直後の午前9時39分に登坂。3F目から上がり重点の調整を行い、ラスト2Fを[12秒1−12秒6]の高速ラップで締め括った。

 調教時計は[4F53秒4−3F38秒2−2F24秒7−1F12秒6一杯]。

 エイシンバッケンの調教パターンを調教コース:栗東坂路、4F53秒5以内、3F39秒6以内、2F26秒5以内、1F13秒5以内に設定した場合、[3−1−1−2](勝率43%、複勝率71%)と好成績を収めている。

 調教駆けしないので連勝中でも最後の1Fは13秒前半だったが、ラスト1Fを12秒台でまとめたのは本格化の証だ。

 脚の使い所が難しい面があるが、2戦2勝の岩田騎手が手綱を取るのは好材料。決め手勝負に持ち込めば上位進出は可能だ。


週末の辻三蔵さんの予想は、競馬道OnLineプレミアム予想コーナー で!


@niftyオススメコンテンツ

競馬道Online

競馬道Online

本命サイドから穴狙いまで予想コラム&データ予想が楽しめる競馬総合サイトで辻三蔵の予想が公開中!


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ