本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 辻三蔵の追い切り注目馬・危険な人気馬 > 有馬記念の追い切り注目馬です


コラム

辻 三蔵
辻 三蔵

辻三蔵の追い切り注目馬・危険な人気馬

プロフィール・関連コンテンツ


2016年12月23日

有馬記念の追い切り注目馬です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週の追い切りで注目馬、危険な人気馬

≪有馬記念(G1) 中山・日曜10R 芝2500m≫

◎ゴールドアクター 【注目度数 5】

吉田隼 20161221 美南W良  64.9 50.9 37.3 13.2 (7) G前仕掛け

○前年の覇者が 攻めに攻めた! 馬体絞れれば激走ある○

 ◎ゴールドアクターは有馬記念連覇に向けて背水の陣を敷いた。レース当日のイレ込みを気にせず、攻めの姿勢を貫いた。中3週になるが、ウッドコース中心に調教本数を4本消化。ウッドコースで2週連続6Fから追い切り、太目解消に努めた。

 今週21日の南馬場ウッドコースには吉田隼騎手を背に、開門直後の午前7時00分に入場。5F目からハイラップを刻むハードトレーニングを敢行。大きく先行した僚馬を力ずくで捻じ伏せた。

 調教時計は[5F64秒9−4F50秒9−3F37秒3−1F13秒2(7)G前強め]。

 ジャパンカップの直前追い切り(5F69秒8−1F12秒9)はイレ込みを考慮して控えめな調整だったが、リスクを恐れず、攻めに攻めまくった。

 ゴールドアクターの調教パターンを調教コース:美浦南W、調教騎乗者:吉田隼人、4F53秒8以内、3F39秒2以内、1F13秒3以内、併せ調教:先着・同入に設定した場合、4戦4勝(勝率100%、単勝回収率193%)。昨年の有馬記念を勝ったときの好走調教に該当している。

 輸送距離が短い中山ならイレ込みのリスクを最小限に抑えられる。前走のジャパンカップは8キロ増(馬体重504キロ)だっただけに490キロ前半に絞れれば連覇は可能だ。

週末の辻三蔵さんの予想は、競馬道OnLineプレミアム予想コーナー で!


@niftyオススメコンテンツ

競馬道Online

競馬道Online

本命サイドから穴狙いまで予想コラム&データ予想が楽しめる競馬総合サイトで辻三蔵の予想が公開中!


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ