本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 直結式コース戦略講座 > 年明け早々30万馬券的中! 今年も直結はノリノリだぜ!


コラム

奥田 隆一郎
奥田 隆一郎

直結式コース戦略講座

プロフィール・関連コンテンツ


2017年01月12日

年明け早々30万馬券的中! 今年も直結はノリノリだぜ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
単行本『「直結コース」の激走馬を買うだけで高配当が鮮やかに当たる「直結式」馬券術』担当編集者(以下、編) 奥田さん、すごい! 年明け早々38万馬券の的中じゃないですか!

奥田隆一郎(以下、奥) 日曜日の中山8Rね。本命が人気サイドだったので、いくらつくかなと思ったら、38万円もついてくれたという。

編 そりゃ、つくでしょう。勝ったのは人気サイドといっても単勝3番人気の◎ドウカンヤマでしたし、2着の▲シャンパンサーベルが6番人気。3着の△デルマチカラに至っては単勝11番人気ですからね。3連単38万110円、もっとついてもいいくらいですよ。

奥 いや、さすがにもっとつくことはないわ(笑)。3連複も9万2,740円と高配当だったし、この人気なら十分でしょう。

編 つけばつくほどありがたいんですけどね、僕は(笑)。

奥 そりゃ、みんなそうだろうけど(笑)。

編 ただ、ちょっとこのレースでびっくりしたのが、内枠の馬を本命にしましたよね。中山ダ1200mのレースでしたけど。

奥 お、いいところに気がついたね。実はその前の土曜日の中山ダ1200m戦(7R)で、4枠の馬が逃げて勝っていたんだよね。キミのいう通り、中山ダ1200mは基本的に外枠が有利になることが多いんだけど、前日のレースを見ると枠順に関係なく逃げる馬を狙うべきだなと。

編 あ、なるほどね〜。それで2枠の◎ドウカンヤマだったんだ。

奥 そうなんだよ。実際、逃げて快勝したでしょ?

編 ええ、完ぺきでした。前日の結果を踏まえて予想を修正するというのが、プロの技だわ〜。お見事です。それともうひとつプロだわ〜と感じるところがあって、ヒモ穴に11番人気の△デルマチカラを推してきましたよね。

奥 そうね。休養前に直結コースの東京ダ1300mで圧勝していたからさ。近3走はすべて10着以下という成績で人気を落としていたけど、前走は逃げて積極性が戻ってきてたからね。

編 復調を読み切ったと。

奥 そうだね。復調は明らかだったなと。今回は適距離だし、変わり身を警戒するタイミングだったので、この馬にも印を打ったというわけ。

編 △に推した各馬にも明確な推奨理由があったんですね。

奥 当たり前だろ(笑)。

編 そりゃそうか(笑)。それにしても土曜日の【直結式 重賞対談】で、「配当的に堅いレースは3連複とか馬連を押さえることで資金を回すために使って、荒れるレース、穴馬激走で高配当が狙えるレースで儲けるスタイルというのがいちばん効率的」という話をしていましたよね。

奥 してたね、そういえば。金杯が堅かったというもあって。

編 ですよね。で、その翌日に38万馬券を的中するという、この確信犯ぶり(笑)。

奥 確信犯って(笑)。ただ、その土曜日の繰り返しになるけど、こういう高配当のレースで儲けるために、ふだんから資金を回していくのは大事だからね。堅くてもしっかり的中するというのが、大きな獲物を取るための準備だと思ってもらえればなと。

編 ええ、こういうことかと実感しました。

奥 準備期間をうまく過ごせば、日曜日みたいに大儲けができるからさ。

編 ええ、今週以降がますます楽しみになってきました。改めて今年もよろしくお願いします。

奥 はいはい。というわけで、終わったレースの話はこれくらいにして、今週の話に入りましょうかね。

編 そうですね。お願いします。京成杯と日経新春杯、どちらを取り上げます?

奥 日経新春杯にしようかな。

編 わかりました。ではさっそくですけど、奥田さんの注目馬を教えていただけますか?

奥 了解。じゃあまずはモンドインテロに注目しようか。

編 前走はステイヤーズSで3着でした。

奥 そうね。直結コースではないんだけど、重賞でも勝負になると証明したのは大きいね。

編 ですよね。ちなみに直結コースでの実績は?

奥 直結コースでは去年の春に東京芝2400mで行われたメトロポリタンSを勝っているんだ。同コースの京都芝2400mでも高雄特別と松籟Sを連勝している。

編 あ、同コース+直結コースの激走馬になるのか。

奥 そういうこと。2走前にGIIのアルゼンチン共和国杯で1番人気に支持されたように、重賞でも好勝負できる能力はある。前走は距離が長過ぎたものの3着に来ているし、今回は3戦3勝の適距離2400mだからね。勝ち負けになるよ。

編 よし、適性も能力もばっちりと。

奥 続いてチェックするのはレーヴミストラル。

編 去年のこのレースの勝ち馬ですね。

奥 そうね。直結コースの東京芝2400mでは青葉賞を勝っているし、同コース+直結コースの重賞激走馬になるんだ。

編 このコースに対する適性はかなり高いということですね。

奥 その通り。日経新春杯は前年の3着馬とか、前々年の2、3着馬とか、過去にこのレースで馬券に絡んだ馬の再激走が多く見られるんだよね。

編 あ〜、ホントだ。

奥 2400mは4戦3勝と得意にしているし、去年に引き続き好勝負が期待できるよ。

編 そうか、この距離ではGI以外は全勝しているのか。要チェックですね。ではあと1頭お願いします。

奥 今回は2頭まで。

編 え〜! なんで〜?

奥 子どもか(笑)。ほら、このレースってここ5年連続で1〜3枠の内枠の馬が勝っているんだよね。一昨年と4年前は1〜3枠の馬が1〜3着を独占しているし。

編 内枠有利なんだ。

奥 そうね。内枠に入った適性の高い馬が狙い目なんだ。ということで、枠順が確定するまで待ちたいなと。

編 そういうことなら仕方ないですよね。わかりました。ではあとは【直結式 勝負予想】で印をチェックしておきます。どうもありがとうございました! あ、あと38万馬券、そして中山最終の8万馬券も本当にありがとうございます! この調子で今週末もお願いしま〜す!

奥 はいはい。任せなさい。


【直結式 勝負予想】 http://foomii.com/00055
【直結式 重賞対談】 http://foomii.com/00054


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ