本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 西田式スピード指数週末情報 > 差し脚鋭いサトノアーサー


コラム

西田 和彦
西田 和彦

西田式スピード指数週末情報

プロフィール・関連コンテンツ


2017年02月03日

差し脚鋭いサトノアーサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 きさらぎ賞は、春のクラシックを目指す有力馬の戦い。3歳の重賞だけに、前走指数上位馬が中心になるが、この時期の前哨戦はスローペースが多く、指数は低くても、鋭い差し脚のある馬たちに要注意だ。

(きさらぎ賞)1着    2着    3着
07年     Xa    Yc   −
08年    −     BYa    Xc
09年    AXa   −      Y
10年    −     A a   −
11年    B b   −     A a
12年    −     −     −
13年    A a   DZc   C c
14年    −     −     −
15年    A     CY    CZb
16年    C      Z    B
(スローペース調整−20/−10)

 今年の指数上位は、エスピリトゥオーゾ、アメリカズカップ、ダンビュライト、タガノアシュラ、マテラレックス、プラチナヴォイスなど。

 このメンバーならスローペースは必至。

 指数は低いが、スローペースの差し脚の鋭さではサトノアーサーが断然だろう。ここまで2戦2勝。新馬戦はぎりぎり同着での勝利だったが、2戦目のシクラメン賞は3馬身半の差をつけて圧勝している。2戦とも上がりタイムは最速で、素質の高さは明らか。3歳世代を代表する1頭だろう。ここは相手探しのレースだ。

 相手の中心は、指数上位馬で先行力があるエスピリトゥオーゾ、アメリカズカップ、ダンビュライト、プラチナヴォイスなどを上位に取りたい。


 東京新聞杯は東京のマイル戦。

 今年の指数上位馬は、マイネルアウラート、エアスピネル、ブラックスピネル、プロディガルサン、ヤングマンパワー、ブラックムーンなど。

 素質上位といえるのは、皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着の4歳馬エアスピネルだろう。前走の京都金杯でも1番人気に推されて、僅差ながら勝利を手にした。これまで3勝をあげているが、すべて1600メートル戦でのもの。1600メートル戦は(3100)と、パーフェクト連対で、距離適性からしても、中心になるべき馬だろう。

 ただ、危惧がないわけではない。スタミナが豊富で、先行して粘るレースが持ち味だ。どうしても鋭い差し脚には欠ける。前走もブラックスピネルに迫られて、わずかにハナ差の勝利だった。直線の長い東京コースだけに、他馬の追い込みに屈する場面があるかも知れない。

 鋭い差し脚の点から注目したいのは、ブラックムーン、ヤングマンパワー、ロイカバードなど。なかでも安定した差し脚が光るブラックムーンが気になる存在だ。前走の京都金杯は積極的な前々のレースだったが、結果的に直線で伸びあぐねて9着だった。落ち着いて、後方から追った方が、自慢の差し脚が生かせるようで、東京コースでの変わり身に注目したい。

 マイペースで逃げられそうなマイネルアウラートも本格化を感じさせる。ハイペース気味に逃げても、粘るスタミナが魅力で、エアスピネルとの叩き合いになっても、遜色のないレースができるのではないか。

(東京新聞杯)1着    2着    3着
07年    AYa    Yd   −
08年    −     −     −
09年    −     −     −
10年    AYa   D b   A
11年    BYa   D     CXb
12年    −     A     −
13年    C     −     −
14年    −     B d   D
15年    −      Z      d
16年    C      Z    BYb

@niftyオススメコンテンツ

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

異なる条件で走った馬たちのタイムを、同じ物差しで比較することを可能にした指数予想の元祖とも言える「西田式スピード指数」を手軽に利用できるサービスです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ