本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 西田式スピード指数週末情報 > 素質と瞬発力で


コラム

西田 和彦
西田 和彦

西田式スピード指数週末情報

プロフィール・関連コンテンツ


2016年12月09日

素質と瞬発力で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 阪神ジュベナイルフィリーズは2歳牝馬戦。指数上は前走指数の上位馬が毎年連対しているが、スローペースで楽勝してきたランク外の馬たちや、上がり指数の高い馬たちにも注意が必要なレースだ。1番人気は過去10年で3勝、2着2回、3着1回。連対率は50%。

(阪神ジュベナイルF)
       1着    2着    3着
06年    −     AXa   BYa
07年    BZa   −     CY
08年    D       b   −
09年    −     A b   D b
10年    A a   −     DYd
11年    −     B     −
12年    B a   −     −
13年      d   C     B
14年    D     D c   D
15年    A     DZ    DXb
(スローペース調整−20/−10)

 今年は、レーヌミノル、ジューヌエコール、アリンナ、ディーパワンサ、リスグラシュー、ゴールドケープ、クインズサリナなどが指数の上位馬たちだ。

 2歳の牝馬戦で、加えて直線の長い阪神の外回りのマイル戦なら、スローペースは必至だ。当然、長く使える上がりの脚が問われることになりそうだが、差し脚上位といえそうなのは、ソウルスターリング、リスグラシュー、ヴィゼットジョリー、ジューヌエコール、ディーパワンサ、クインズサリナなどだ。

 マイルの素軽い瞬発力ではヴィゼットジョリー、リスグラシュー、ジューヌエコール、ディーパワンサなどが鋭いが、2歳牝馬のスローのマイル戦とはいっても、ここはGI戦だけに、ある程度スタミナのある馬たちの底力が最後にはものをいうのだろう。

 スタミナもあるという点からは、1800メートルの距離で長くいい脚を使って勝っているソウルスターリング、リスグラシューが連軸候補になりそうだ。

 ソウルスターリング、リスグラシューの差し脚に差はないものの、一瞬の鋭さ、スピードで上位のリスグラシューを中心にとりたいと思っている。リスグラシューは2走前の阪神の芝1800の未勝利戦で、直線だけで後続を大きく引き離して2歳のレコードタイムで楽勝。前走の東京のマイルの重賞も、直線で他を圧倒するスピードを見せて快勝している。素質も相当に高いようで、この先々の活躍を含めて、期待の集まる1頭だろう。


 中山のダート重賞カペラSは、08年に創設されて以来、1番人気は一度も勝てず8連敗中。2着が1回だけだ。指数上は平均指数上位馬が比較的健闘している。

 今年は、タールタン、ニシケンモノノフ、グレープブランデー、ゴーイングパワー、ダノングッド、ノボバカラなどが指数の上位馬たちだ。

 カペラSはダート1200戦だが、前走1200メートル戦を使ってきた馬は1勝もあげていない。過去8年の勝ち馬は全て1400か1600メートルを使ってきた馬たちだった。なかでも前走、霜月S組や武蔵野S組の成績が良いようで、霜月S2着のタールタン、武蔵野S9着のノボバカラなどが連軸の有力馬になりそうだ。

 安定した指数の高さと重賞成績からはタールタンが目につく。8歳馬ながら指数上は衰えもみえない。ベストの距離は1400だろうが、近走は瞬発力に進境が見られ、1200でも勝負になるだろう。ペースも上がりそうで、中団からの差し脚に期待したい。

 巻き返しがありそうなのが4歳馬のノボバカラ。この秋は東京盃9着、武蔵野S9着とふるわず、4勝した春シーズンに比べると一息の成績だが、先行力があり、ハイペースでも押し切る力はあるはずだ。

(カペラS) 1着    2着    3着
08年    D c   −     −
09年     Zd   D d   −
10年    A a   −     B b
11年    −      Zc   −
12年     Za   B c   −
13年    D d   D d   D
14年    −     −     −
15年    BZc    Y    A a
(公営、海外の成績は減戦して集計)


 チャレンジCは芝1800メートルのハンデ戦。過去4年、1番人気は2勝とまずまずだが、トップハンデ馬は未勝利。2、3着もない。

 今年の指数上位馬は、エキストラエンド、デウスウルト、プランスペスカ、ダノンメジャー、フェイマスエンド、フルーキー、ベルーフ、ディサイファなど。トップハンデは58.5キロのディサイファだ。

 阪神の外回りの1800メートル戦でペースは落ち着きそうだ。直線の差し脚比べが濃厚で、後方一気の差し脚がある4歳馬ベルーフにもチャンスがあるだろう。

(チャレンジカップ)
       1着    2着    3着
12年    −     C     −
13年    −     C     −
14年    A c   D      Zb(2着同着)
15年     Y     −     A

@niftyオススメコンテンツ

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

異なる条件で走った馬たちのタイムを、同じ物差しで比較することを可能にした指数予想の元祖とも言える「西田式スピード指数」を手軽に利用できるサービスです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ